TOPPAGE  |   PROFILE  |   NEWS  |   DIARY  |   LETTERS  

 
icon
yui's place






diary 西脇唯が日々のできごとやメッセージを書きつづります

「秋の虫の声」。
2016/09/12
気づいたら、すっかり、
蝉の鳴き声が消えて、

どこからか、
「秋の虫の声」。

マツムシと鈴虫しか、
わからないけど、

きれいな「羽音」が、
うっすら聴こえてきます。

秋になりはじめの、
貴重な時期。

目をこらして、
耳をすまして、
日ごとに変わる、
風を感じて、
今年の「秋」を、
体験したいなあと思います。
(yui)

icon

「やさしい方向」へ。
2016/09/04
歩き疲れて、
大好きな、
木陰のベンチに。

ふうっと、
真夏の風に代わって、
やさしい秋の混ざった風が、
吹きだして、
しばらく、その風に、
包まれながら、
過ごしました。

もう9月。

今年は、
病院の中にいることが多くって、
ココロが押しつぶされそうな時間が多くって、
「笑顔になる」大切さを、
再認識、再経験。

自分も含め、
「やさしい方向」へ、
気持ちを向けあって、
話し合ったり、
語り合ったり。

そういうことが、
家族でも友人でも、
他人の「間」でも、
出来たなら、

どんな状態の人も、
「生きやすく」なるような、
そんな気がします。

秋になりかけの、
やさしい風は、
毎年、同じように、
そっと肩を押してくれます。
(yui)

icon

「家電」に振り回されて。
2016/08/28
何気なく、
毎日、使っている「家電」たち。

耐久年数は、
それぞれ違うけれど、

なぜか、
「伝染」するように、
動かなくなってゆき、
ここ、二週間は、
何だか、大慌て。

中でも一番困ったのが、
「全自動洗濯機」。

配置できる「大きさ」が、
決まっているので、
探しだすのが、
本当に大変。

コインランドリーの、
「ありがたさ」を、
しみじみ、感じました。

新しい洗濯機が、
無事到着したら、

残りの家電を、
探さなきゃ。

「大物家電」は、
安いからとか、
ネットで簡単にとか、
そういうわけにいかなくて、

スペースに「当てはまる」もの。
という基準。

かなりの「面倒くささ」を、
体験しながら、
皆、こういう、
大変さをかかえながら、
生きているんだなあと、
ふと、思いました。

「便利な生活」に慣れてしまうと、
「不便な生活」への対応力が、
減ってゆきますね。

好きなものを「探す」時は、
何時間でもへこたれないのに、

得意じゃないものを「探す」時は、
結構、すぐ、へこたれるもんだなあと、
勉強になります。
(yui)

icon

「感動」と「感謝」と。
2016/08/20
今回のリオでのオリンピック。
日本代表選手たちは、
本当に頑張っていますね。

体操選手のすごい技に圧倒され、
水泳選手の勢いに感心し、
柔道選手の力強さに目が釘付けになり、

バドミントンや卓球や、
レスリングでは、
「もうだめかも」と思った瞬間からの、
大逆転に涙がこぼれました。

テニスも、カヌーも競歩も、
シンクロも、メダルに届いてよかったなと、
思います。

七人制ラグビーは、
惜しかったですね。

今回一番期待していた、
男子100×4のリレーは、
なんと、銀メダル!
短距離で銀メダルなんて、
夢のようで、
また泣いてしまいました。

12時間の時差は、
観戦が難しいので、
「生放送」と「録画」で、
少しずつ、観戦していましたが、

粘り強さが増した、
代表選手たちの「頑張り」には、
感動と感謝がこみあげます。

4冠のかかった、
レスリングの伊調選手の金メダルには、
「よかったなあ」とうれし涙。
銀メダルになってしまった吉田選手には、
いつからか、
オリンピックには、
絶対に負けない「無敵の吉田選手」がいると、
どこかで、思い込んでいた事を、
反省しました。

世界中のスポーツ選手が、
毎日、「一番」になりたくて、
頑張っていることを、
再認識させられました。

4年後は、東京でのオリンピック。
気になる競技はぜひ、まじかで、
観戦出来たらいいなと思います。

真夏ですから、
ますます気温が高くなっているかも、
知れません。

観戦する方も、
しっかり、体調を万全にしておかないと、
いけませんね。

キャッチボールにはまっていましたが、
バドミントンをやってみたくなったので、
機会があったら、
一式、軽くてお値打ちなセットを、
購入しようかと、考えているところです。
(yui)

icon

蝉の声の聴こえる公園で。
2016/08/14
そこかしこから、
蝉の鳴き声。

木陰で休んでいたら、
三つほど、蚊にも刺されて、

真夏のベンチで、
「本当の暑さ」を体感しました。

ビルに囲まれているせいか、
都心の公園は、風の通りがイマイチ。

半分凍らせた、
スポーツドリンクをシャカシャカふって、
一口含んだら、
子供の頃食べた、
かき氷を思い出しました。

亡くなった祖母は、
遊びにゆくと、
毎日のように、
「いちごのかき氷」を、
用意してくれました。
冷たく冷やしたスイカも、
用意してくれました。

「お盆」の時期は、
なつかしく、温かい光景が、
たくさん、よみがえりますね。
(yui)

icon

「オリンピック」と「甲子園」。
2016/08/06
リオでのオリンピック。
始まりましたね。

治安の問題とかあって、最後まで、
無事開催できるのかなあと、
どこかで、不安におもいながら、
でも、
自国を背負って頑張ってくれる選手たちには、
何事もなく、精一杯、
戦ってほしいなと願っています。

甲子園も、
みんな、悔いなく、
戦ってほしいなと思います。

36度、37度と、
気温が異常に高くなっているせいか、
周囲では、熱中症になる人が、
ふえていて、
体調管理のとっても難しい時期なので、

リオで、
甲子園で、
「頑張っている選手」に、
気合いや勇気をもらいながら、
元気に換えて、
真夏に負けないようにしたいですね。

強くたくましいシーンを、
目に焼き付けながら、
やさしく穏やかな時間を、
過ごしていたいなと思います。
(yui)

icon

「悲しいニュース」が止まない日々だけど。
2016/07/27
昨日のニュース。
あまりにも「悲しいニュース」。

この世に「一つ」しかない、
「一回」しかない、
誰かの「人生」を、
身勝手な思想で、
勝手に終わらせる人たちが、
世界中に蔓延していて、
とてもせつない。

その人の人生は、その人のもの。
その人の幸せは、その人が決めるもの。

一人で生きてゆける人は一人で。
友達や仲間の力が必要なら、友達や仲間の力をわけてもらって。
家族の力が必要なら、家族の力をわけてもらって。
病院の力が必要なら、病院の力をわけてもらって。
施設の力が必要なら、施設の力をわけてもらって。

たった一度きりの「人生」を、
何とか、絶望しないで、生きていたいもの。

世界中、荒れてて、
どんどん、大変になっているけれど。

やさしい光景を思い出して、
温かな言葉を思い出して、
穏やかな気持ちを思い出して、
何とか、笑顔と一緒に生きていたいもの。
(yui)

icon

「桃」と「ひつまぶし」。
2016/07/20
夏のフルーツコーナー。

美味しそうな、
夏のフルーツたちが、
並んでいますね。

メロンもブドウも、
年々、
びっくりするほど、
高価な価格が添えられるようになって、
ため息が出ます。

大好きな「桃」たちも同じように、
高価な価格。

鰻の蒲焼を買って、
「ひつまぶし」にして、
冷やした「桃」を、
デザートに。

なんて、夕食を思い浮かべると、
笑顔になるほど、
美味しそうな絵柄ですが、

計算してみると、
ちょっとした、
有名ホテルのレストラン並みの、
お値段。

有名な5つくらいのスーパーに、
出かけて、
価格を比べてみましたが、
異常に、お高くなっていて、
ちょっと寂しい気持ちです。

でも、
旬のうちに、
一度くらいは、
「桃」と「ひつまぶし」。
実現したいものです。

ある日、どこか知らないマーケットで、
お手頃価格なのに、
とっても美味しいものたちに、
出会えるかも。

それにしても、毎年、
「高いなあ。高いなあ。」と、
思いながら、
「桃」を見つめているなあと、
自分でも笑えて来ます。
(yui)

icon

雨の日の大切な「相棒」。
2016/07/14
昨日は、
雨天兼用の、
「新しい傘」を、
初めて、使用しました。

なかなか傘自体は壊れませんが、
よくよく見てみると、
色あせた部分があったり、
すり減った部分があったり。

急な雨で仕方なく購入した傘や、
ポイントがたまったのでと、
渡された景品の傘は、
「出番」が全く無く、
その「出番」の無い傘で、
一つしかない傘立てを、
ただ窮屈にしてしまっていました。

好きな傘、新しい傘は、
雨の日を、楽しくしてくれるんだなあと、
開いた瞬間、
思いました。

苦手な雨の日の、
大切な「相棒」なのですから、
気持ちよく、
傘を開いた方が、
歩き出す「一歩」も違います。

傘は仕方なく選ぶものではなく、
充分、時間をかけて、
出来れば、さした姿も鏡で、
確かめて、選んだ方が、
雨の日の「憂うつ」を、
ほぐしてくれそうです。
(yui)

icon

△新しい日記    /    ▽古い日記

© Yui Nishiwaki 1999-2016 | Contact Information