TOPPAGE  |   PROFILE  |   NEWS  |   DIARY  |   LETTERS  

 
icon
yui's place






diary 西脇唯が日々のできごとやメッセージを書きつづります

「まいひめ」。
2019/04/14
知らない町の、
知らない道を、
少しワクワクしながら、
歩いて来ました。

聴こえて来るのは、
「中国語」。
「韓国語」。
「英語」。
アジアの言葉らしき、
異国の言葉ばかり。

日本語に、出会う事が無く、
店員さんたちも、
どこかの国の人たち。

ここ、2、3年、
本当に、海外からの人たちが、
たくさん増えたなあとは、
感じていましたが、

日本語の聴こえて来ない町まで、
出来てしまっていたとは、
驚きです。

一瞬、寒さが戻ったせいか、
思いがけず、
まだ、咲いてくれている、
「桜たち」に、
逢えました。

「ソメイヨシノ」も可愛いけれど、
「八重桜」も愛らしい。
なかでも、
「まいひめ」と言う桜には、
いとおしさが、いっぱいあふれました。

出逢おうとしなければ、
出逢えないものばかり。

残念な出逢いもあるけど、
言葉に出来ない程、
感動の出逢いも待っている。

「出逢おうとしなければ」。
強く思った、
今年3回目のお花見です。
(yui)

icon

「お花見散歩」。
2019/04/04
ひらひら。
ひらひら。
花びらが足元に、
舞い散り始めました。

「お花見散歩」が、
一段と楽しく感じる時期。
この時間はとても短いので、
一瞬、一瞬の花びらを、
じっくりと、眺めながら、
立ち止まりながら、
歩きます。

「令和」と言う文字も、
お店の前にたくさん並んで、
あと少しで、元号も、
変わるんだなあと、
実感します。

「元号なんて、何に決まっても、
従わなきゃいけないルールなんだから、
気にしない」
笑顔で話す知人の言葉に、
わだかまりがストンと落ちて、
気にしないようにしよう。
そう、思いました。

知らない間に決まってゆく「ルール」は、
これまでも、これからも、
たくさん、目の前に、
現れるはず。
今まで通り、
仕方がない事は、
仕方がないまま…。

そんなことより、
今週は、
桜の花たちが大切。

せっかくきれいに、
咲いてくれたのだから、
一つ一つ、丁寧に、
眺めに行きたいです。

来週は、飛行機に乗って、
逢いに行きます。
初めての街の桜の花たち。
「晴れ」の日が続くといいなあと、
思います。
(yui)

icon

「令和」…。
2019/04/01
「令和」…。

がっかり感が、こんなに、
せつなく、わきあがるなんて。

言いにくいし、
描きにくいし、
「新しい時代を、みんなで、思い合って行こう」感が、
少しも感じられない。

特に、「響き」が、
今一つ…。

個人的には、
妙な「元号」だなあと、思うばかり。
「ざわざわ感」が、ずっとつきまといそうで、
怖いです。

もっと、やさしく、包み込むような、
明日を生きるのに、頑張れそうな、
「元号」の響きが、
全く無いように、思えます。
(yui)

icon

今年最初の「お花見」。
2019/03/31
今年最初の「お花見」。
ニュースでは、
「満開」と、出ていましたが、
七分咲きくらい。

ツボミがたくさん、
咲くのを待ち構えていて、
とても、愛おしい桜たちを、
眺めて来ました。

今週末は、「花冷え」。
レインコートくらいでは、
寒さと吹く風に、
対抗出来ず、
自販機で、温かいカフェ・オ・レを、
買って、ベンチで、
「飲み飲み」しながら、
見上げました。

明日は、
「新元号」が、
発表されるそう。

「平成」が終わってしまう。
そう、思うと、
しみじみ、思い返してしまいます。

「西脇唯」の全てが、
平成元年に始まったので、
感慨深さが、こみあげます。

人生の大きな「喜怒哀楽」が、
濃厚に詰まった30年。

来週1週間。
いろんな場所の桜たちを眺めながら、
いろんな事に、
思いをはせましょう。

「新元号」を受け止めて、
明日は、どんな、
気持ちになるんだろう。

ワクワクと言うより、
寂しさが、
今日は、
こみあげます。
(yui)

icon

「春になり始めの街角の香り」。
2019/03/19
誰かのお庭から、
公園の隙間から、
春になり始めの、
春先の花たちの香りを、
やさしい風が運んでくれて、

病院へ続く道。
少し憂鬱な気分で、
歩く私の、
背中を押してくれます。

立ち止まりながら、
香りのする方向へ顔を近づけて、
春の始めの空気感。
しばらく立ち止まり、
感じながら、
歩く道。

通院は、もう随分深く、
人生の一部になってしまっていますが、
回数が少なければ少ないほど、
精神的なダメージやストレスは、
軽減されるような気もします。

「病気と共に生きる」決意が、
時々、揺らいでしまうのは、
自身のどこかで、
「仕方なさ」を乗り越えて、
「理不尽さ」や、
「良くない甘え」が、
こぼれ出してしまうからでしょうか。

病院があるから、
生きていられる事を、
もっと、自覚しないとと、
何度も思い直します。

「通院道」の花たちに、
もうすぐ、
「桜」の花たちが、
参戦してくれるので、
花たちに、また、耳を傾けて、
香りをたくさん分けてもらって、
部屋の中にも、
春の花たちのブーケを飾って、
笑顔を味方に、
ココロの「頑丈化」に、
取り組まなくてはと、思います。
(yui)

icon

「8年目」。
2019/03/11
あの耐え難い天災、人災から、
8年目。

海辺が見えた、
美しい海岸線が、
巨大な壁に覆われ始めて、
「風情」の無い景色に、
どんどん変わって行く「様」が、
なんだか、切ないです。

巨大な壁では無く、
すぐに、察知するシステムを作り、
頑丈な家を造り、
高台など、みんなが、
たくさん逃げこめる場所を作る方が、
居心地良く、暮らせるように、
思うのです。

海に囲まれた、地震の多発する島国に、
みんな、暮らしているのだから、
海辺の景色を台無しにするのは、
海に、かわいそうな気がします。

復興とは、
復旧とは、
より「思いやり深く」なる事が、
大切。

「思いやり深い町」が、
出来上がる事を祈ります。

犠牲になってしまった人たち。
犠牲になってしまった人たちの家族。
友人、同僚、仲間、同級生…。

「痛み」は、絶対消える事は、
無いでしょうが、
ほんの少しでも、薄らいで行く事を、
祈ります。
(yui)

icon

「赤ちゃん雲たち」がいっぱい。
2019/03/08
「赤ちゃん雲たち」。

昨日の強風と、雨に、
飛ばされて、
水色の澄んだ空に、
出来たばかりの、
「赤ちゃん雲たち」が、
勢ぞろい。

生まれたばかりの、
小さな雲たちが、
フワフワ、ポコポコ、
並んで、進んで、
ヨーロッパの光の画家達が、
描いた絵画のよう。

小さな「赤ちゃん雲」が、
いつか、育って、
大きな雲に育ったら、
また、いろんな場所に、
雨粒を降り注ぐのかなあ。

汚れの無い、美しい「白」を、
輝かせながら、ゆっくり進む、
「赤ちゃん雲たち」を、
見上げて、ほっこり気分。

きれいな空は、
何度見上げても、
ココロが嬉しくなりますね。

まだ、時々、寒い日もあるけれど、
きれいな空は、
出来るだけ、見逃さないで、
目に焼き付けて、
おきたいものです。
(yui )

icon

「ひな祭りビュッフェ」。
2019/02/27
バナナに続き、
今度は、大好きなイチゴを、
いただきに。

イチゴのスイーツ食べ放題の、
「ひな祭りビュッフェ」。

女の子ばかりかと、
思いきや、
親子、三世代、結構、
ファミリーさんばかり。

なので、
恥ずかしがらず、
食べられる分だけ、
イチゴスイーツを、
いただきました。

入院するたび、
点滴や病院食を突きつけられ、
「食べられる喜び」を、
再確認。
その時、自分が、
「食べたいな」と、
思ったら、
食べておかなきゃと、
思う気持ちが、いつも、
どこかに、
ある気がします。

身体作りに大切な食材は、
気をつけて、摂取しながら、
「旬のもの」
「美味しいもの」は、
出逢った時に、
「確保」しておきたいです。

別の日に見つけた、
しり込みするほど、
「お高い」イチゴパフェも、
ホワイトデーに「かこ」つけて、
食べに行こうかなあと計画中。

肋骨の四ヶ所の痛みのうち、
三ヶ所の痛みが癒えてきたので、
ようやく、たくさん、動けそう。

桜が咲く頃には、
「意欲」と「行動」が、
やっと、一致しそうで、
ホッとしているところです。
(yui)

icon

「消しゴム付き鉛筆」と「ペン」と。
2019/02/19
文具売り場が、
減ったなあと思いながら、
過ごしているこの頃。

文具売り場では無い、
セレクトショップで、
「ノートとカードと、
封筒と消しゴム付き鉛筆のセット」に遭遇。

そして、一目惚れ。

可愛いデザインの消しゴム付き鉛筆を、
見つけると、絶対に、
そこから離れられなくなるので、
もう、ココロに響いたら、
即購入する事にしています。

小さな鉛筆削りもついていたので、
1人で、ニコニコ。

カバンの中の文具用ポーチには、
小さな鉛筆削りは不可欠。
小さければ小さいほど、
助かります。

最近、いろいろあって、
万年筆や筆ペンも入れるようにしています。
自分用の万年筆や筆ペンも、
大人としてのたしなみ。

キチンとしなきゃいけない時、
ちゃんとした文字を書ける人でありたいなと、
昨年、ググッと思ったので、
時々、ノートに書いて、練習しています。

お習字やペン字を習っていた頃を、
思い出しながら、
丁寧に書いたりしています。

文字は、普段書いていないと、
「ヘタ」になってゆきますね。

スマホばかり、使用してると、
漢字も忘れるし。

消しゴム付き鉛筆が、
1番好きな事は、変わりませんが、
他の「ペン」も、
使いこなせるように、
進化したいなあと思っているところです。
(yui)

icon

ハッピーバレンタイン♡
2019/02/14
美しくて、
可愛くて、
美味しそうなチョコレート。

ちょこちょこ買って、
冷蔵庫に。

一粒、もしくは、
ひとかけら。

頬張って、
期待以上の美味しさが、
口の中に広がると、
身体じゅう、「幸せ」が、
「浸透」してゆきます。

美味しいチョコレートに出会える事も、
人生を少し楽しくしてくれる出来事だなあと、
思います。

先週、
一足早く、
「チョコバナナパフェ」を、
初めて、食べました。

なんだか、とても、嬉しく、
思いました。

「バナナ」が入っているからと、
決して選ばなかったメニューを、
初めて、言葉にしました。

もう随分な大人ですが、
「大人になった気分」のような気分を、
ふうっと感じました。

1番気に入ったチョコを食べながら、
苦いバレンタインの思い出も、
思い出しながら、
大好きだった人の事も、
考えながら、

「無敵な想い」って、
どんなだろうと、
描いたり書き出したりしています。

みんな、
美味しいチョコレートを食べて、
幸せな時間を過ごしてほしい1日です。
(yui)

icon

東北東。
2019/02/03
今年の恵方は、
「東北東」だとか。

一度にモグモグするのは、
今日は、出来ませんが、
ゆっくりと、
味わいながら、
小さな「恵方巻き」をいただきます。

皆さんのところに、
とりこぼしなく、
「福」が訪れますように。

私のところにも、
その「福」の「おすそ分け」が、
そっと、来てくれますように。
(yui)

icon

インフルエンザの「奇跡」。
2019/01/28
肋骨の痛みと、
コンコン喘息と。

闘っているうちに、
街のあちこち。
いつのまにか「バレンタイン」模様。

今年も、
可愛く、
きれいなチョコが、
並び始めました。

ピスタチオや、
抹茶の入ったチョコが、
見た目も涼やかで、
美味しそう。

もっと眺めていたかったけど、
「インフルエンザ恐怖症」に、
なってて、
人混みや、何かに触れる事が、
とっても、苦手になってしまった、
この頃。

小さな除菌ジェルと、
小さな除菌シートで、
防衛中。

もったいないなと、
思いつつ、
携帯加湿器も新調して、
マスクも使い捨てて、
お洗濯もこまめに。

この数週間。
お粥とか、雑炊とか、
ヨーグルトとか、
咳こまない、ノド通りの良い物を、
食べていたら、
ヨーグルトに入れて食べていたバナナを、
美味しく感じられるようになり、
子供の頃から、
大の苦手だった「バナナ」が、
青みの残っているものなら、
何故か、食べられるようになりました。

インフルエンザの「奇跡」。
友達もビックリ。

なので、
バレンタインには、
もっと元気になって、
初めての、
「チョコバナナパフェ」を、
ゆっくりとじっくりと、
食べに行きたいなあと、
思っているところです。
(yui)

icon

「なかなか」の1月に。
2019/01/18
今、タミフルを服用中。

1番かかりたくなかった、
インフルエンザに、
とりつかれてしまって、
呆然としています。

肋骨あたりを痛めて、
3カ月の安静を言い渡された、
さなかの出来事。

今、喘息になったら、
胸の痛みがハンパないので、
うがい、手洗い、マスク等々、
万全の体制で、
風邪対策をしていましたが、
いったい、どこで、
とうやって、
ウイルスに遭遇してしまったのか、
自身の行動を「逆再生」してみると、
「ああ、ここかも」と、
当てはまる場面が、
くっきりと。

マスクをした会社員の方とすれ違った時、
「ヘックション!!」を浴びた瞬間。

あの場面から、
2日後の夜。
38・8度の高熱。
喉の痛み。咳、クシャミ、鼻水。
短時間での、喘息発作。

インフルエンザが流行っているから、
加湿と手洗いには、気をつけてと、
喘息の先生に言われたばかり。

2019年のはじめからの、
「なかなか」の出だしに、
面食らってしまっている状態です。

もともと、じっとしながら、
言葉を書いたり考えたり、
本を読んだり。
じっと過ごす事は、
全然平気なのですが、
具合が悪い時は、
ネガティブな考えがたくさんやってきて、
本もネガティブな見方で読んでしまうので、
良くない感じ。

いろんな意味で、
「生命力」をupしていかないと、
自身がキツくなるばかりだなあと、

気がつけば、
「健康関係」と、
「インフルエンザ」の事ばかり、
「今更」の検索ばかりしています。

元気をもらっている映像は、
アジアカップで、
頑張ってるサッカー日本代表の試合映像。

昨晩も、勝利して、
「元気」をもらいました。

皆さんもどうか、
お気をつけて。

治ったら、
この「なかなか」の1月を糧にして、
更なる注意を課せながら、
過ごしたいと思っています。
(yui)

icon

愛する「たまご」。
2019/01/08
デパ地下で、
厚さ3センチの玉子焼きを挟んだ、
「たまごサンド」を見つけて、
夜ごはんに連れて帰りました。

自分でも、厚焼き玉子焼きを挟んだ、
サンドイッチは、よく作りますが、
厚さ3センチは、なかなか、作れないので、
とっても感激。

最近、
サンドイッチが超進化してて、
ブーケのようだったり、
ケーキのようだったり。

どれもこれも、
一度食べてみたいなと思えるものばかり。

サンドイッチひとつでも、
こんな進化してたら、
他の料理は、どんな進化を遂げるのかなあ。

美味しいものを、ずっと、食べられたら、
きっと、幸せ。

また、幸せになれるものに、
出会えたら、いいな。

美味しいものには、
「幸せにする」力があるから、
是非是非、出会いたいものです。
(yui)

icon

☆*:.。. Happy New Year .。.:*☆
2019/01/01
☆*:.。. Happy New Year .。.:*☆

また、
新しい1年が始まりました。

「ホッとする時間」
「ふっと笑顔になれる時間」
取りこぼしなく、
全てのの人に、
全てのものに、
届きますように。
訪れますように。

2018年。
ありがとうございました。

2019年。
よろしくお願い致します。

昨日、今日、明日。
遠く、近く、
「いてくれて、ありがとう」。
(yui)

icon

あと2日。
2018/12/30
2018年も、もうすぐ、終わり。

悲しすぎる出来事が起きたり、
病気が悪化したり、
思わぬ怪我をしたり、
いろんな「切ない気持ち」と、
毎日、闘っていて、
とても、辛かった1年だったなあと、
思ったりしています。

人生の途中には、
乗り越えられないものが、
多々あって、
忘れられないものも、
多々あって、

ただ、
ココロに積もってゆく様子を、
黙って見ているしかなくて、

「歯がゆさ」と対峙しながら、
時が過ぎて行きます。

来年は、
「それでもがんばろう」と思う、
深い「思い」を糧にして、
穏やかな時間を増やして行こうと、
思います。

温かな時間を訪ねて行こうと、
思います。

幸せな風景を残して行こうと、
思います。

そして、
自分の可能性を、
磨いて行こうと思います。

みなさんのココロにも、
「ホッとするもの」が、
たくさん積み重なる、
2019年になります様に。

遠く近く、
祈りながら、思っています。
(yui)

icon

☆*:..:*☆Happy Holidays ☆*:..:*☆
2018/12/25
クリスマス。

取りこぼしなく、
全ての人が、
全てのものが、
温かな時間に、
包まれて、過ごせますように。

笑顔をたくさん、
分かち合い、
与え合えますように。

ココロをこめて。
☆*:..:*☆Happy Holidays ☆*:..:*☆
(yui)

icon

「クリスマス一色」。
2018/12/23
明日はイブ。
明後日はクリスマス。
そんな今日はクリスマス一色。
三連休だし、
冬休みだし。

オシャレした人達が、
たくさん「紙袋」を持って、
往き交います。

何を買ったのかな。
誰にあげるのかな。
プレゼントを持って歩いている人は、
とても幸せそう。

私は今年も、
ケーキと教会。

たくさん「祈り」を、
繰り返します。

取りこぼし無く、
全ての人、
全てのものが、
温かな時間の中に在りますように。
願いに行きます。
(yui)

icon

△新しい日記    /    ▽古い日記

© Yui Nishiwaki 1999-2018 | Contact Information