TOPPAGE  |   PROFILE  |   NEWS  |   DIARY  |   LETTERS  

 
icon
yui's place






diary 西脇唯が日々のできごとやメッセージを書きつづります

オリンピックのチケット。
2021/12/21
「オリンピックのチケットの払い戻し、した?」と、
友人に聞かれ、

更に、12月6日で、終わっている事も、
知らされ、唖然。。。

そんなニュース、
あったかなあと、
不思議な違和感。

委員会からのメールを確認してみても、
どこにも、
「お知らせ」が無いし、

サイトを見てみると、
6日で、終了の文字。

何だか、納得出来ない感じだけど、
この頃は、
「自分で」どんな事も、
調べたり、やったり、確認したり、
しなくちゃいけない事が、
増えたなあと言う印象です。

自治体も、お店も、
何も教えては、くれません。

お店が無くなって、
使えなくなったポイントカードや、
アプリ。

でも、永遠にどこからか、
届く「メール」と「ハガキ」。

迷惑メールに指定しても、
郵送局に、配送中止をお願いしても、

時間と交通費が無駄になるだけて、
おかしな世の中、世界だなあと、
信号待ちしながら、
思いました。

今年の冬は、
寒いですね。

いつもの冬より、
しんしんと、寒い風が、
吹き抜けていますね。

空は青さが増して、
とてもきれいなのに、
マスク以外の部分が、
凍りそうな空気。

雪の降る場所に、
住んでる人たちは、
気をつけて、気をつけて、
過ごして欲しいなと思います。

あと今年も10日ほど。
悔いの無い年末年始に、
しなくちゃと、
思っているところです。
(yui)

icon

急いで、急いで。
2021/12/18
クリスマスの飾り付けを、
急いで、急いで。

クリスマスカードの作成を、
急いで、急いで。

ファンクラブの新しい会報のエッセイを、
急いで、急いで。

12月になった事にも、
気づかないで、
やるべき事が、
結構、溜まってしまって、

この2週間は、
急いで、急いで。

10月、11月の体調の悪さが、
ここへ来て、ギュンと、時間が、
詰まった感じになって、

頑張って、取り掛かっているところです。
(yui)

icon

晩秋のベランダ。
2021/11/26
生まれて初めて、
ネットで、
「土」や「小石」や「栄養剤」などを、
取り寄せました。

ベランダに置いてある、
鉢たち。
吹く風邪や降る雨などに、
毎日、見えない程の分量、
土の表面を削られていたようで、
ベランダの隅に溜まるでも無く、
飛んで行ってしまうようで、

気がついたら、
とても「寒そう」な感じになっていて。
とても申し訳ない気持ちになりました。

お水だけ、
あげれば良いものでは無いことは、
分かっていたのに。

余裕が無くなると、
「気をつけてあげる」事を、
忘れがちになるなあと、
大反省です。

どんな事も、きっと、
そういうもの。
どんなものも、たふん、
そういうもの。

きれいになった、
晩秋のベランダにも、
教えてもらえるものが、
いっぱい、揃っています。
(yui)

icon

日向の「明り」。
2021/11/11
カサカサと、
踏みしめながら、

ハラハラと落ち葉が、
舞い降りる、
並木道を歩いてみました。

ポコポコと、
木々の間から、
晴れた空からの「贈り物」。

日向の「明り」たちが、
そこかしこ。

今日は、とても、素敵な、
ちょうど良い気温の、
「秋」が届いていましたね。

こんな「日」に、
毎日、出逢えたら、
ココロも身体も、
グングンと、
元気になりそう。

紅茶を飲み飲み、
頑張る日々です。
(yui)

icon

「紅茶」に感謝。
2021/11/06
冷たい飲み物が、「禁止」になったので、
常温のお水に変えました。

1日に3回は、
温かな紅茶を飲むように言われたので、
久しぶりに、たくさん紅茶を買い、
2週間ほど前から、
マグカップに一杯の紅茶を、
3回飲んでいます。

温かな緑茶やほうじ茶も、
やさしい味がしますが、
温かな紅茶は、
包み込んでくれるような効果も、
感じます。

今は、「紅茶」に感謝。
「寒暖差」に負けないココロと身体に、
するために、
力を貸してくれています。
(yui)

icon

「セイタカアワダチソウ」。
2021/10/30
黄色の花が、印象的な、
「セイタカアワダチソウ」。
ススキとは、一緒に生存出来ない事を、
最近知りました。

秋の良い風景だなあと、
思って見ていましたが、
知らない場所で、
「生存競争」が、
行われていたんですね。

友人は、
「ブタクサ」のアレルギーが、
あるため、

見た目がそっくりな、
「セイタカアワダチソウ」を、
見るだけで、
鼻のあたりが、痒くなるのだそう。

確かに、よく似ていますね。
「セイタカアワダチソウ」と、
「ブタクサ」。

しばらく、「晴れの日」が、
続いてくれて、
お日様にもたくさん励まされ、
ほっと一息。

秋の晴れた日の、
朝のお日様は、
とても「やさしい手」を、
しています。
(yui)

icon

「秋」の少ない10月に。
2021/10/28
ちょうどいい風の吹く、
ちょうどいい気温の「秋」。
それがとても少なくて、

今年の秋は、
寒暖差が、激しくて、
対応が出来ないまま、
「静養状態」で、
過ごしています。

晴れた日の、
朝のベランダで、
ちょっとずつ、
「お日様」に、
肩を、
「ポンポン」してもらっています。
(yui)

icon

「違和感」。
2021/09/30
また新しく、
iPhone 13や、
折りたたみスマホなどが出て、
早く買い換えたら?と、
勧められていますが、
なかなか、決心はつきません。

「ガラケーでも、いいもん」と、
長い間、ガラケーで過ごしていたり、
iPhone にようやく換えても、
古い型のまま、ずっと過ごしたり。

「携帯電話」を、
持ち出してから、20数年。
一度くらいしか、
「しっくり」馴染んだ事が無いので、
どこを妥協するのか、が、
とても難しいなあと、
感じています。

スマホ本体の値段にも、
とても違和感。
どうして、こんなに高いんだろうと、
不思議に感じてしまいます。

どうしても使いたい機能を、
再度、アナログに書き出して、
何度でも、考えてみなくてはと、
思っています。

あと、最近、
どんどん、セルフレジが、
増えて、そちらも、
さて、どれで支払いをすれば?と、
マゴマゴ…。

「すへてスマホ」じゃないと、
と言う場面、
「すべて自分で」と言う場面の、
増え方の「早さ」に、
何だか不安さえ、感じています。

「コロナ禍」なので、
「非接触」な物が開発されてゆくのは、
良い事だなあと思うのですが、

いろんな種類の「違和感」が、
随分増えたなあと、感じるこの頃です。
(yui)

icon

「中秋の名月」。
2021/09/22
昨日は、
「中秋の名月」。
きれいな「まん丸」のお月様が、
輝いていたので、
5分ほど、眺めていました。

今日も、
とても「まん丸」な、お月様。
ちょうど、ススキが、
風にさやさや、動いてる場所から、
眺めたら、とても、良い感じな、
「お月見」になりました。

小さな頃から、
目が悪い私。

「まん丸」な感覚は、
きっと、他の人とは違うんだろうなあと、
思いながら、
長い間、眺めて来ました。

夜風が、秋っぽく変わって、
気持ちがホッとしています。
マスクをちょっとだけ、はずして、
呼吸をしました。

どこか、和む場所へ、
ピューンと、飛んで行きたい気分です。
(yui)

icon

「シラタマホシクサ」。
2021/09/17
絶滅しそうな、
「シラタマホシクサ」。
今年も、咲いてくれている場所があって、
一安心。

金平糖のような、
白く丸い花たちが、
風に揺れている姿が、
とても、愛おしいです。

彼岸花も、そこかしこ、
咲き始めましたね。

「お彼岸」中には、
お花とお菓子を持って、
お参りに行きましょう。
(yui)

icon

「マイエコ保冷バッグ」。
2021/09/10
なんだか、
ここ、2年で劇的に増えたもの。

ちっちゃいのから、
大きいのまで、
数えたら、
15個も、ありました。

「エコバッグ」と「マイバッグ」。そして、
「保冷バッグ」。

結構、使いやすい物と、
意外とすぐダメになっちゃう物と、
あって、

カバンの中で、
邪魔にならず、
とても軽いのに、
ちゃんとお仕事してくれる、
「精鋭たち」を、
選んで、
これからは、
使う事にします。

スーパーなど、
たくさん買う予定で、
出かける時は、
大きいマイバッグに、
逆に、カバンを入れて行きます。

その度に、いつも思い出すのが、
ハワイで使ってた、
「マイエコ保冷バッグ」。
大きいけれど、
肩から下げると、
意外と、持ちやすくて、
冷たいものも大丈夫で、
大活躍だったなあと…

また、渡航出来るようになったら、
1つ、絶対に買ってこようと、
思っているところです。
(yui)

icon

少し涼しい夜明けに。
2021/08/30
少し、涼しい夜明けに、
変わって来て、
寝苦しさも、
和らいだ感じがします。

でも、毎日、感染者が、
増えていて、

今、この瞬間も、
誰かが、誰かに、
移しているのか…と思うと、
残念な気持ちです。

日本は、まだまだ、
ワクチンは足りないし、
打っている人も少ないし、
治療薬の開発も間に合わないし、
病院ももう余裕が無いし、
息苦しさが増してゆく感じ。

2019年までの世界に戻る事は、
絶対に無いんだなあと、
思いながら、

あと、どのくらい経ったら、
インフルエンザくらいの、
「冷静な世界」になるのかなあ、
などなど、
考えています。

「気遣い」は、
とても大切な事ですが、

どんな人の「気」にも、
誰の「気」にも、
「充電」が必要。

「使いすぎる」と、
電池切れして、
疲れが増します。

取りこぼしなく、
「気遣い」合える場所が、
いつも近くに在る事を、
願います。
(yui)

icon

「みかんソーダ」。
2021/08/16
あれから、
「クリームソーダ」作りが、
自分だけの「ブーム」になって、
今回は、
「みかんソーダ」と、
「葡萄ソーダ」をお取り寄せ。

まず、今日は、
「みかんソーダ」で、
クリームソーダを、
作ってみました。

出来上がったのは、
にがーいにがーい飲み物。
見た目も、なんだか…。

「みかんソーダ」は、
クリームソーダにするには、
ちょっと無理があるんだなと、
勉強になりました。

別々の方が、
ソーダもバニラアイスも、
美味しくいただけます。

明日は、
「葡萄ソーダ」で、
挑戦してみます。

さて、
美味しく出来るかな。

「おやつ時間」が、
楽しみです。
(yui)

icon

「ワクチン2回目」。
2021/08/12
ワクチン2回目。
数日前に、打ちました。
打った直後、
めまいのような浮遊感があったので、
休憩場所で、また45分休憩。
左腕は、すでに、
1回目の20倍くらいの痛み。

そのまま、
眠れない程の痛みが続く中、
次の日は、
「熱」が38.4度まで、上昇。

咳もコンコン出始めて、
かなり、辛いので、
喘息の薬とカロナールを、
何度か飲み、休んでいました。

打った24時間後に、熱が出て、
熱が下がり始めたのが、24時間後。
鉛のように重い左腕と、
倦怠感は、ずっと続いています。

ワクチンを打つたびに、
こんなに辛い数日を
過ごすのかと思うと、
ココロのどこかが、
「ドン引き」状態です。

今、最高に流行っている、
「デルタ株」には、あまり、
効かないようで、
次の「エルダ株」にも、
更に、効かない様子。

「うつった時に重症化しないため」、
と思い込もうとしていますが、
「副反応」の強さと、具合の悪さに、
こんなに早く認証された、
ワクチンの中身への疑念もわいて、
どこか、
「神話」のようにも、
感じてしまうのも、本音です。

結局は、
マスクと、手洗いを徹底して、
日々、「飛沫」を避ける事を、
「怠らない」事を、
生活の「当たり前」に、
しないと、と思います。

人類は、
コロナウィルスに、
打ち勝てるでしょうか。

ヨーロッパでも、豪雨被害。
世界各地で、異常気象被害。
地球規模で、災害も、
増え続けています。

「コロナ禍」と言う、
状況の中で、

助けを求める人々が、
増え過ぎてしまうと、
「助ける側」も、
「思いやり」が分散して、
届かなくなってしまうのが、
とてもとても、怖くて、
「せつない」事だなあと思うのです。
(yui)

icon

「空色クリームソーダ」。
2021/08/07
「青色」が、
とてもきれいな「ソーダ」を見つけて、
さっそく、お取り寄せ。

大きめのガラスの器に注いで、
ハーゲンダッツの、
「バニラ」のアイスを、
ポコンと乗せて、
まんまるの赤いビー玉のくっついた、
細くて長いスプーンを入れたら、
涼しげな、
「空色クリームソーダ」が、
出来ました。

ソフトクリームのような、
真っ白な夏雲と、
キラキラ眩しい、
水色の夏空と、
冷たく甘い「クリームソーダ」。

真夏にぴったりの、
「おやつ時間」になりました。

昔、購入したけど、
あまり出番のなかった、
「ビー玉スプーン」が、
こんなに、
役に立ってくれたのも、
なんだか、嬉しかったです。
(yui)

icon

「ヴィクトリーブーケ」。
2021/07/30
オリンピックメダリストに、
メダルと共に贈られている、
小さな「ヴィクトリーブーケ」。

東日本大震災からの、
「復興の願いと思い」を込めて、
「岩手県産のリンドウ」、
「宮城県産のヒマワリ」、
「福島県産のトルコギキョウとナルコラン」の
4種類に、
「東京産のハラン」を合わせて、
作られているのだそう。

小さなオリンピックマスコットも、
くっついていて、
とても素敵で、可愛いブーケですね。

東京のコロナ感染は、
3日続けて、
3000人超え。
全国でも、1万人超え。

病院の先生たちも、
看護師さんたちも、
疲れがドドっと、
増している様子なので、

あの素敵で可愛い、
「ヴィクトリーブーケ」を、
もし、購入出来るのなら、
出来る限り、購入して、
「ありがとうございます」のカードを添えて、
プレゼントしたいなあと、
思う毎日です。
(yui)

icon

△新しい日記    /    ▽古い日記

© Yui Nishiwaki 1999-2022 | Contact Information