TOPPAGE  |   PROFILE  |   NEWS  |   DIARY  |   LETTERS  

 
icon
yui's place






diary 西脇唯が日々のできごとやメッセージを書きつづります

「ブルー系」のベランダ。
2022/06/09
「ヘブンリーブルー」と言う、
名前の「朝顔」も加わって、

ラベンダーの花たちが、
咲いているベランダは、
今、ほぼ、ブルー系。

紫陽花の鉢植え2つも、
ブルー系。

雨の多い六月を、
なんとか、花たちに、
力を貸してもらって、
過ごしています。

最近、
桃色のポコポコ丸い花を咲かせる、
可愛い薔薇を見つけたので、
近々、ベランダに加わる予定。

「ガジュマルさん」1人に、
頑張ってもらっていては、
申し訳ないので、
勉強し直しては、
植え替えをする毎日。

「ガジュマルさん」は、
ベランダで、1番良い「特等席」に、
置きました。

雨に負けず、
花たちで、
いっぱいになったらいいなあ。
幸せな空間だなあと、
お水をやりやり、思います。
(yui)

icon

「ねことじいちゃん」。
2022/05/24
窓を開けていると、
サワサワと、初夏の風。
その風にのって、
ベランダの花たちの「匂い」が、
ふうっと、届いて、
「ああ、幸せな匂いだなあ」と、
和みます。

今年は、
今日、この時が、
1番「ちょうど良い」時間かも、
と、思います。

さて、
昨年から、
私の癒し中の「癒し」に、
なってくれているのが、
挿絵と漫画が、
美しく可愛い、
「ねことじいちゃん」。

8巻まで、揃えていて、
ちょっと気落ちした時など、
するっと、
ページを開きます。

この世界は、
間違っているかも知れませんが、
私が思っているのは、
たぶん、
知多半島近くの、
どこかの小さな島の町。

お年寄りたちの、
喋る言葉が、
懐かしく、
いとおしく、

この近くに、
住めたらいいなあと、
思う事もしばしば。

空がきれいで、
海がきれいで、
花がきれいで、
四季の「実」がなって。

どこか、
大好きなハワイの場所にも似ていて、
この世界の坂道を、
ゆっくりと、
歩きにゆきたいなあと、
「旅ココロ」が、
ワクワクします。

コロナ禍ですが、
旅行クーポンの影響もあって、
東京も人出が、
半端なく、増えて来ましたね。

皆、外に出る事を、
待ち望んでいた様子。

先日、所用で、
「のぞみ」に乗りましたが、
ほぼ、満員でした。

マスクと除菌にだけは、
気をつけながら、
「美しいもの」、
「きれいなもの」、
「感動するもの」たちを、
眺めに行きたいなあと、
思っているところです。

単行本だけじゃなく、
スマホにも、ダウンロードして、
お散歩先でも、
旅先でも、
「ねことじいちゃん」を、
連れて行きます。

あと、2つほど、
気になっている、
挿絵と漫画があるので、
その子たちとも、
一緒に出かけましょう。
(yui)

icon

「キックボード」は、禁止にして欲しい。
2022/05/11
最近、
お天気の良い日は、
花たちを眺めながら、
お散歩を楽しんでいます。

しかし、先日、
歩道を自転車と、
キックボードが、
駆け抜けて、
とても怖い思いをしました。

横断歩道を、
「歩行者」のように、
渡るし、
車道も、
「車」のように、
渡るし、
斜め横断もするし。
ヨロヨロしているし。

歩道は、
電動自転車も、
3人乗り自転車も、
通ってゆくし、

歩く人以外にも、
走る人もいて、
とても危険。

キックボードは、
免許がいらないそうですが、
せめて、免許は、必要だと、
思います。

それより、何より、
キックボードは、
出来れば、
早く、禁止にして欲しいなあ。

歩道は、
「歩いて」移動する人専用に。

車道は、
車、バイクだけにして欲しい。

そして、
車道を広げて、
自転車専用道路を作って欲しい。

怖いし、
揉めたり、
事故が増えたり、
こう言う事態が増えると、
ココロにも、
よくないなあと、
思うこの頃です。
(yui)

icon

たまには、「温泉」で。
2022/04/30
年に2、3回。
温泉宿に、
泊まります。

今年の最初は、
一昨日、昨日と今日。
連休で、混み合う前にと思いましたが、
帰りは、とても混み合って、
久しぶりの「混み合う連休」を、
味わいました。

コロナ禍で、あまり、
遠出も出来ないし、
海外にも行けないし。

たまに、広々とした、
温泉で、ぼんやりすると、
良い感じに、
身体もココロもほぐれます。

「東京割」が、無いのが、残念。
1日7000円お得になる割引は、
旅行の強い「味方」ですね。
是非、東京も、と思います。

温泉は、汗をかくので、
マスクも12枚ほど、
準備して行きました。

混み合う場所が、
増えてゆくと、
また、感染が増えるかも知れません。

マスクとアルコール、
除菌シートだけは、
カバンに、しっかりと、
入れながら、
過ごしています。

部屋に戻ると、
ベランダで、ぐんぐん、
「カーネーション」が、
咲き始めていて、
また、感動。

赤とピンクと真っ白なカーネーション。
ちょうど、「母の日」あたりには、
満開になりそうです。
(yui)

icon

ベランダ日和。
2022/04/24
2ヶ月。
ウクライナが、
攻撃され続けていて。

悲惨な状況を、
毎日、確認するように、
ニュースを見続けて。

何とも言えない、
悲しさを、
感じ続ける日々。

募金くらいしか、
出来ないけど、
募金くらいは、
しなくては、と思いながら、
「ウクライナのための募金箱」を、
見かけると、
その日の出来る限りの募金。

いつか、攻撃が止む日が来ても、
非情な人の非情な行いを、
黙認は出来ないだろうなと、
思います。

さて、
ベランダでは、
5月の花たちが、
準備中。

可愛い「つぼみ」たちが、
たくさん、並んで、
顔を上げています。

お天気の良い日は、
ベランダ日和。

早く、椅子を買い替えに、
行かなくちゃと、
思っています。
(yui)

icon

美味しすぎる「フィナンシェ」。
2022/04/07
久しぶりの東京駅。

見送りをして、
少し、道草しながら、
小さな、お散歩。

可愛いお店があったので、
ふらっと入ってみたら、
美味しそうな匂いと、
お菓子たち。

おやつに食べたら、
美味しすぎ。

2個じゃなくて、
もっと、買ってくれば良かったなあ。

美味しすぎる「フィナンシェ」に、
思いがけず出逢えて、

「よし、また、行ってみよう」と、
「食欲」に負けて、
思っているところです。
(yui)

icon

「桃色の季節」。
2022/03/22
気温は、暖かくなったり、
凍えるようになったり、
冬の名残りが行き来していますが、

部屋の鉢植えの桜が満開。
部屋中温かく見守ってくれています。

東京も桜が咲き始めました。
今年も、
いろんな公園や川沿いへ、
出かけて行きたいです。

出来れば、
簡単な「お弁当」と、
温かい飲み物と、
膝掛けを持って、
青空を見上げながら、
観賞したいなあ。

年に一度の「桃色の季節」。
ココロに、
「温かいもの」を、
補充しに行かないとと思います。

桜の鉢植えの隣りには、
水色と黄色のスィートピー。
ウクライナにも、
思いをはせます。

コロナ禍だけでもツラいのに、
「たった1人」の「理不尽」で、
こんなに毎日、
爆撃、攻撃されて。

「たった1人」を、
どうにも出来ない「世界」にも、
せつなさがこみあげます。
(yui)

icon

「ありがとう」を込めて。
2022/03/11
東日本大地震が11年目。
コロナ禍が3年目。
ウクライナ情勢は真っ只中。

悲しみがそこかしこから、
とめどなく溢れ出ていて、
ほんの「一言」で、
ほんの「一瞬」で、
泣いてしまいそうな毎日が、
繋がって行きます。

だから、
ココロの中の「感謝」をこめて、
今年は、「クッキー」を、
Crescendo の皆さんに。。。

支えてもらえている現実が、
とても嬉しくて、
ありがたいです。

今日もありがとう。
いてくれて、ありがとう。
(yui)

icon

「桜」の匂い。
2022/03/07
今年初めて見た「桜」は、
濃いピンクの「河津桜」。

見上げると、
真っ青な空とのコラボが、
くっきりとしていて、
力強さを感じます。

これから、
少しずつ、
「桜」たちの匂いが、
いろんな町、街を、
包み込んで行きますね。

コロナ禍と、
ウクライナ情勢の「心配」で、
そこかしこ、
折れそうなココロが、いっぱい。

取りこぼし無く、
癒やしてくれますように。。。
今日も、祈ります。
(yui)

icon

「ヒマワリ」の花を。
2022/02/26
ウクライナの国花は、
「ヒマワリ」。

今は、造花の花しか無いので、
一輪挿しに、一本の「ヒマワリ」。

祈りをこめて、
棚の真ん中に、飾ります。
(yui)

icon

とても、せつなくて。
2022/02/26
ロシアが、ウクライナを、
攻撃している。

ロシアの大統領の思いどおりの、
「筋書き」が現実になっている。

私たちにとって、
対岸の火事では無い。

明日、中国は、
日本の何処かに、
ミサイルを打ち込むかも知れない。
中国に都合の良い国になれと、
脅すかも知れない。

誰も守っては、くれない。

いつか、遠い日か、
近い日か。
世界の頂点には、
中国とロシアが君臨し、
あと5つくらいの「属国」の、
支配下に置かれるんだろうなと、
想像出来る。

コロナ禍も、
中国の作った「ウイルス」から、
始まった。

世界を「恐怖」の中に閉じ込めながら、
虎視眈々と、
中国は、台湾や、
南シナ海に侵攻し、続けている。

北京オリンピックの開会式で、
中国とロシアのトップが、
2人で並んで、
見下ろしていた映像に、
とても恐ろしい感覚が、
身体を中を走り抜けた。

誰も助けては、くれない。

「国」と「国」の約束は、
「自国」の優先具合で、
その都度、無かった事になる。

ウクライナの現大統領は、
どこまで、持ちこたえるだろうか。

祈ることしか、出来ない。

ウクライナから、ポーランドに、
我先に逃げてゆく、
車や人々の渋滞を映像を観ながら、
思った。

同じ立場になった時、
スマホ、PC、充電器、資金、薬、
替えの衣類、少ない飲み物、少ない食べ物、
取り敢えず、カバンに詰め込んで、

さて、私はどこへ逃げれば、
いいんだろう。

誰も守っては、くれない。
誰も助けては、くれない。
祈ることしか、出来ない。

「悪」はそこかしこに、
根付いている。
「善」はまだ、ひ弱さを抱いて、
うずくまっている。

こんなちっぽけな私だけど、
何か、出来る事は、
無いだろうか。

昨日から、
ずっと、PCの前から、
離れられないで、
います。

とても、せつなくて。
(yui)

icon

大好きな「2」がいっぱい。
2022/02/22
2022年2月22日。
大好きな「2」がいっぱいで、
手帳やミニカレンダーを見るたびに、
「幸せ」。

「コーギー」
「ゴールデンリトリーバー」
「豆柴」などなど。

子犬たちの成長記録を、
時々、観ては、癒されていますが、

今日は、「猫の日」でもあるようで、
後で、猫たちの成長映像も、
ちょこっと、
観てみようと思っています。

「ふたり」と言う言葉。
「ふたつ」と言う単位。

どんな時でも、いとおしい。
いとおしい光景に繋がってゆく、
奇跡の「関係」だなあと、
しみじみ、思っています。
(yui)

icon

「読書期」。
2022/02/15
人生何度目かの、
「読書期」。

今年に入ってから、
何だか、ずっと、
本を読んで過ごしています。

オミクロン株が怖くて、
本屋さんに行けないので、
スマホの中の本棚の方に、
どんどん並べられて行きます。

昔は、
1日に数冊読んだりしていましたが、
読書もなかなか、
「力」がいるもの。

今は、3日で1冊。
1日目は、速読で、
全ページを読み、
2日目は、
もう一度読みたい場所を読み、
3日目は、
覚えておきたい場所を読み、
そんな感じで、
1冊が終わります。

いろんな思考が知りたいので、
雑誌から辞書まで、
興味が少しでもわいたら、
クリック。

装丁がきれいで、
部屋の本棚にも、
飾りたいと思った時だけ、
お取り寄せします。

「本」の匂いのしない本を、
こんなに読むようになるとは、
思っていなかったなあ。

スマホの中の本たちは、
本当の「本」のような「愛着」は、
まだ、感じる事が出来ません。

また、本屋さんに、
ふらふらと、
寄り道する日がやっぱり、楽しみです。

コロナ禍。
頭の中だけが、
とても自由に、
今日も、
果てしない旅をしています。
(yui)

icon

「豆」を買いに行かなくちゃ。
2022/02/03
いきなり、「節分」で。

「恵方巻き」と、
「豆」を買いに行かなくちゃ、
と、思っています。

ここ数年、
コロナ禍だし、
ご近所迷惑にもなるので、
「外」に向かって、
本当に「豆まき」は、
出来ませんが、

「気持ち」だけでも、
味わいたいので。

そおっと、そおっと、
「豆」を巻いて、

北北西に向かって、
「恵方巻き」を、
いただきましょう。

いろんな種類の「鬼」が、
退散しますように。
(yui)

icon

残念な「悪意」。
2022/01/29
オミクロン株の感染が、
ドドドっと増えて、
エレベーターでは、
出来れば、1人で乗りたいなと、
何度も見送ったり、
スーパーでは、
空いてる時間に、
空いてるレジに、
並んだり。
電車でも、
空いてる時間帯に、
空いてる車両に乗ったり。
何とか、出来る工夫をしながら、
毎日を過ごしています。

この、ものすごいコロナ禍で、
訪問介護を手伝ってくれる、
お医者さんは、
神様のよう。

そんな神様のような、
お医者さんが、
残念な「悪意」に襲われて、
とても悲しい。

週に一度は、
お医者さんに、
診療してもらっている身。

いろんな人格のお医者さんが、
居ることは、知っているけど、
相性の合わないお医者さんも、
居ることは、分かっているけど、

この先生にお願いしようと、
「信じる」と、決めたら、
信じなきゃいけないと思う。

残念な「悪意」も、
オミクロン株と一緒に、
蔓延しているようで、

きゅっと、ココロが、
せつなくなるニュースが、
このところ多いなあと、
思う真冬です。
(yui)

icon

「もう、ひと頑張り」。
2022/01/15
また、違うコロナの変異。

「オミクロン株」が、
年明け早々、流行り始めて、
何とも言えない気持ち。。。

空気感染するので、
布マスクや、
ウレタンマスクでは無く、
不織布マスクにした方が良いとの、
アドバイス。

多分、
そうだろうなあと、
感じていたので、
布マスクやウレタンマスクは、
「マスク棚」の、
1番後ろに、
しまい込んでいますが、

息苦しさを感じない、
いろんな人に合う、
もっとサイズの豊富な、
不織布マスクが販売されると、
嬉しいなと思います。

しかし、
ワクチンの「筋肉注射」の、
後遺症が、まだ続いているので、
3度目のワクチン注射に対しては、
最近、とても悩んでいます。

「副反応」については、
情報がありましたが、
「後遺症」については、
ほとんど、情報が無くて、
困りました。

「どんな事」にも、
「リスク」があるんだなあ。。。
何処かで、わかっていても、
新しい「理不尽」には、
残念な気持ちがムクムク。。。

「筋肉注射」は、
町のお医者さんより、
熟練度の高い、
ベテランの看護師さんが、
1番リスクが低いそう。

そんな人を探し出すためにも、
出逢えるためにも、
「もう、ひと頑張り」が、
必要な「事態」の、
只中なんだなあと、
思い知る、1月です。
(yui)

icon

*・・*・'*謹賀新年'・**・・*
2022/01/01
つい先程、
2022年が、
始まりました。

また、真新しい1年に、
出逢えます。

海外のコロナ禍が、
「悪化中」なので、
何処か、不安がよぎり、
嬉しいような、
怖いような、
そんな気持ちが、よぎります。

ただ、
昨年の秋のような、
せつない毎日にならないよう、
体調には、
気をつけて、気をつけて、
過ごさなくてはと、
強く思います。

今、この時も、
長い間の、
ファンクラブの皆さんの、
「応援」に、
友人たちの「励まし」に、
とても感謝。。。

どうか、
取りこぼしなく、

「温かな時間」に、
たくさん、たくさん、
出逢えますように。

「笑顔になれる瞬間」に、
たくさん、たくさん、
触れられますように。

「やるせなさ」に、
たたずむ事の少ない日々を、
歩いて行けますように。

ココロから、願う、
1月1日です。
(yui)

icon

真冬の「青空」の「匂い」。
2021/12/30
今日もマスク、コートに、
マフラー、アームウエア、
ヒートテックと、フル装備。
とても寒い1日でした。

だけど、
冬の東京の「青空」の、
美しいこと。

雨の日や、
曇りの日、
雪の日には、
気持ちが、予想以上に、
「どよん」と、
よどみますが、

真冬の透きとおる、
ピッカピカに輝く「青空」は、
「希望」のような、
「匂い」を感じます。

青空に見惚れながら、
郊外の大きなホームセンターに、
出かけたら、
たくさんの花たち、木たちの、
鉢植えに出会えました。

780円で、
10鉢も連れて帰れるなんて。
都心部では、
考えられません。

また、何度か、
出かけて、
連れて帰ろうと即、
決心しました。

帰宅したら、
ドアの前に、
皆、お正月飾りを、
飾り付けしていたので、
まだ、早いかなと、
思いつつ、
私も小さな飾り付けを、
一つ。

クリスマス飾りを、
寂しい思いで、
片付けしたばかり。

お正月飾りは、
とても晴れやかで、
取り付ける時は、
背中を押される感じになりました。

ウイルスの蔓延があって、
再び、
「心配」の尽きない年末年始ですが、

新しい1年に、
出逢える事には、
とても感謝です。
(yui)

icon

△新しい日記    /    ▽古い日記

© Yui Nishiwaki 1999-2022 | Contact Information